お支払い方法
配送方法
ご利用ガイド
お問い合せ
営業時間
当店の歩み店舗のご案内ウェブ会員様
  • 商品一覧
  • 半襟
  • 帯揚げ
  • 帯締め
  • 長尺帯締め
  • 帯留め
  • 二分紐・三分紐・四分紐
  • 羽織紐
  • 黒留袖
  • 和装肌着
  • 夏物和装肌着
  • 着付道具
  • 帯
  • 手提げ・籠バッグ
  • 夏物足袋
  • 時計紐
  • 紳士用
  • 根付・小物
  • ご奉仕品

営業日カレンダー

休業日カレンダー 10月
10月カレンダー

休業日カレンダー 11月
11月カレンダー

お問合せ

電話番号

お気付きの点がございましたらメールフォームよりお気軽にお問い合わせ下さいませ。

店舗案内はこちら

メール会員登録

ホーム単衣帯揚げ 楊柳 斑ぼかし

和装小物 > 帯揚げ > 単衣帯揚げ 楊柳 斑ぼかし

商品の写真はお客様のモニタ環境により実物のものと若干異なる場合がございますので予めご了承ください。

素材: 絹100%
日本製
<ERISHO ORIGINAL>

5月と9月の帯揚げ選びには迷いが生じるもの・・・
どんな場所で誰に見られても間違いのない(恥をかかない)・・・そんな単衣時期の帯揚げです!!
次の出番(秋単衣)は、< 9月中旬 ~ 9月30日まで >

ここ京都では< きんち >、関東では < 楊柳(ようりゅう) >や< 竹しぼ(たけしぼ) >< 縦しぼ(たてしぼ) >
の名称で親しまれいる< 単衣時期 >にお使いいただく帯揚げのご紹介です。

京都丹後で織られた帯揚げに適した程好いコシを備えた最高級の素材に、
美しい縦シボを表現する最終仕上げの < 手湯のし > の妙技が加わって完成した希少性の高い帯揚げです。

生地を縦方向に 4 : 6 の割合で繻子地(生地が光った面)を織り出し、
4 割 のほうに< 斑ぼかし( むらぼかし ) >( 各々の地色から派生する色を
中心に円を描くように刷毛で行なうぼかし染め ) を施したお手間入り。
縦方向に 4 : 6 の割合で染め分けられた帯揚げは、畳み方によって表情を変える優れものでございます。

< 半襟 > も < 帯揚げ > も 6 月 1 日 からは < 絽 > や < 紗 > となりますが、
それまでの時期、特に ゴールデンウイークの連休あたりから 5 月末日まで =< 春単衣 > や、
盛夏が終わってからの、9 月中旬 ~ 9 月末日までの = < 秋単衣 >に
合わせていただきますとその時節の季節感が演出できてとてもお洒落な装いになってくれます。

この帯揚げは、すでにお馴染みの弊店謹製の < きんち腰紐 > と同様の織り組織となり、
< きんち >を漢字に置き換えると< 絹地 > や< 絹縮 > と表記されます。
< きぬぢ >からの派生語と言われており、< きぬぢ >がいつしか< きんち >と呼ばれるようになりました・・・。

単衣時期の帯揚げの存在を耳にしたことはあるけれど実際に目にしたことは無い・・・そんな方も多いかと存じます。

一年のうちで着用出番が 2か月足らずと短いこともあり、ちょっぴり贅沢な帯揚げでございますが、
< きんち> 特有の < 縦シボ > が抜群に涼やかさの演出をしてくれることもあり、全国に大勢のファンがいらっしゃいます。

ご着用いただくご本人はもちろんのことながら、出会われる相手さんにもこの季節に相応しい爽やかさの
お裾分けをしていただくことは四季の移ろいを親しむ日本人ならではの気遣いの文化でもございます・・・。

もちろん大島や小紋などのカジュアルな装いから、訪問着などのフォーマルな装いにまで幅広くご利用いただけます。
この個性的な配色の帯揚げを貴方なりのコーディネートに取り入れてみてください。

一枚お持ちいただいておくときっと活躍する機会が訪れるはずです!!
「流石!!」と感じていただける帯まわりの演出にお役立てください。

是非この機会にお試しくださいませ。

< 着用時期目安 >
< 春単衣 >= 5 月 初旬 ~ 5 月 末
< 秋単衣 >= 9 月 中旬 ~ 9 月 末

※夏の帯揚げ <絽> や <紗> の着用時期は、6月1日~ 9月初旬までです。お間違えのないように!!


単衣用の半襟はこちら。

下記のカラーをクリックするとそれぞれの詳細画面が表示されます。
ローズミスト
(01)
\ 13,000+税
アップルグリーン
(02)
\ 13,000+税
ホリゾンブルー
(03)
\ 13,000+税