休業日カレンダー 4月

休業日カレンダー 5月

休業日カレンダー 6月

お気付きの点がございましたらメールフォームよりお気軽にお問い合わせ下さいませ。

ホーム紳士用和装小物 羽織紐
ホーム > 紳士用(男性) > 羽織紐

弊店では最近ご夫婦でのご来店が増えております。
夫婦共通の趣味がキモノである方も多いようで、キモノ関係のお店を方々訪ね廻られておられることが多く、
またそれも一つの趣味とされておられるようでもあります。
弊店の場合男物コーナーを設けてあることもあり、特にご主人様は熱心に品定めされております。
奥様は奥様で目的のお品物を品定めされているところにご主人が
「オイ、ちょっと見てごらん」 と声を掛けられ 「ここにくればこんなに色々あるんやぁ・・・」
二人の目線の先には紳士用羽織紐コーナーが・・・。
迷いながら選べる贅沢さ、それも世間に出回らないこだわりの商品群・・・これがゑり正のスタイルです。

商売がら様々な方法で世間に出回っている商品をチェックしているつもりでございますが、
まあ気の利いた羽織紐の少なさに危機感(?)を感じております。特に男性の羽織紐は情けない状態でございます。
あるにはありますがベーシックな商品が多く、決してベーシックなモノが悪いと言うわけではございませんが、
配色しにしてもデザインにしてももう少し工夫があれば使いやすいのに・・・と感じることが多々ございます。
また出回り商品は<カン>付けタイプがほとんどでございますので、
自分で結ぶことに美学をお持ちのキモノ愛好家の方々にとっては少々物足りないことも多いのが現状ではないでしょうか・・・?

弊店の場合、一つの方法として、女性の帯締めから男性用の羽織紐を作製するという取り組みを行っております。
帯締め作製をする際に、職人さんにこの色とこの色は男性用の羽織紐にも加工してくれるようにお願いしておきます。

今回ご紹介のお品物の中にも、そのような方法で作製させていただいたお品物もございます。

同じ装いでも羽織紐を替えるだけで見た目の印象が変わりますし、自身の気分も変わるもの。
スーツでいうネクタイと同じニュアンスと言えましょう・・・
羽織紐は男キモノのアクセサリーです。
装着時のシルエットがに横の流れになる<新川><丸唐>
縦の流れになる<ゼブラ>等々。いろいろとお試しくださいませ。

     
  
     
  
     
  
     
  
     
  
     
  
     
  
     

 

京都の和装小物専門店がプロデュースさせていただいた
<MADE IN KYOTO>の確かな品質 = < ほんまもん >の数々。
普段着にさりげなく…。もう若くはなく、といって年寄りでもない貴殿に、1ランク上の小物遊びをご提案いたします。
量販店とは異なる小物専門店ならではの奥深いこだわりと、細部のしつらえをお楽しみいただければ幸いでございます。

注)今回ご紹介の商品はすべて<大ツボ>仕上げとなっておりますので <Sカン>は不要でございます。
ご自身で結ぶことができないと使用困難なお品物でございます。
その点をご理解のうえ品定めしてください。