休業日カレンダー 6月

休業日カレンダー 7月

お気付きの点がございましたらメールフォームよりお気軽にお問い合わせ下さいませ。

ホームキモノ姿は小物選びで決まる

ホーム > 過去のコラム > キモノ姿は小物選びで決まる

平素は弊店をお引き立て賜りまして誠に有り難うございます。
秋も深まり朝晩の冷え込みが厳しくなってまいりました。
京を代表する紅葉の名所には連日多くの観光の皆さんがお越しになられています。
キモノでのお出掛けが似合う京の町では、町のいたるところでキモノのファッションショーが行われているかのような賑わいでございます。
いよいよキモノに袖を通しやすい季節の到来となったこともあり、和装小物の専門店として少しご提案したいと思います。

まず、キモノや帯はそのお値段的な要素もあり、ご購入から5年10年もっと先のことまでを思い浮かべてご購入される方が多いようでございますので、おのずとその時の実年齢よりも地味めなキモノや帯を選ばれる傾向にございます。弊店が扱う和装小物はそれらキモノや帯に合せてコーディネートするわけでございますが、それらのキモノや帯だけを見てお選びになられますと当然のことながら往々にしてその時点でのご年齢よりも渋く地味な小物合わせとなり、ともすればお母様の小物を一式借りてきたような着姿になってしまうことがございます。

小物選びは、そのキモノや帯に合せることも大事ですがそれ以上に大切にしたいのは、実際に袖を通される今その時のその方の雰囲気に合った小物を選別する点にございます。その時々の体調によっても不思議に色の好みが変化するものですし、元気のでる色合いの小物を合せることによってご体調ご気分も好転するといった不思議な現象もございます。弊店の扱う腰紐や伊達締め等の「七色」の着付け道具を「魔除け厄除け」としてお使いいただくのもその一例でございます。お若い方が地味な色を合せることが悪いとは申しませんが、そのような方とお会いすると私ども商品をご提案する立場とすれば、そしたらこの方は5年10年と歳を重ねていかれたらいったいどんな地味で渋い色を合わされることになるのだろう・・・と別の意味で興味が湧いてまいります。普段の洋服の時にはそのようなシックなコーディネートも流行のファッションとしていいのでしょうがせめて日常ではないキモノに袖を通す時くらいは、若い時にしか使えないであろう色を上手に<指し色>として小物で表現していただきたいものでございます。
また逆にお歳を重ねられた方々が明るめのピンクや赤、ピーコックグリーン等を好んで合わされる傾向が増えてきております。
これはとてもいい傾向です。一昔前の60歳70歳といえば相応にお年寄りでしたが今の時代の60歳70歳の方々はまだまだ気持ちも身体もお若い証拠でございます。昔、地味めなお色をお勧めした私に対して「私まだこんなおばあちゃんと違うえ・・・」と 叱られたことを思い出します。

色々と意見を書かせていただきましたが、和装小物専門店といたしましてはキモノ姿は小物選びで決まるということを是非とも覚えておいてほしいと思います。

外から見える部分はもちろん、隠れて見えない部分の肌着着付け道具等の小物もとても大切でございます。あれやこれやと悩みながら吟味して手に入れられたお品物はきっとその方の将来の宝物となり、見せなくてもいい部分でさえもついつい他人さんに自慢したくなる一品となるはずでございます・・・。

弊店には各カテゴリーともにあれやこれやと楽しみながら悩みながらお選びいただけるのに充分なアイテム数を取り扱っておりますことは既にご認識いただいていることと思います。
またその約80%が弊店独自の企画作製商品という類稀な商いのスタイルに大きな特徴がございます。

大手メーカー様が製作されたお品物は、例えば百貨店の呉服売場などに画一的に広く浅く出回る傾向にございます。百貨店ならば何処に行っても同じ商品ラインナップとなり、それはそれである種の安心感はありますが何一つ個性がございません。
私どものお店には、そのような百貨店の品揃えではいまひとつ満足できない方がお越しになられます。

弊店が作製している小物たちは、これまでの永年の商いで代々培ってまいりましたノウハウを武器に、また日々の商いの中でのお客様との会話にヒントを探し、生み出してきたものがほとんどでございます。
京の町で日々キモノを着て生活されておられるキモノ通の方々が「やっぱりいいねぇ」とおっしゃっていただけるお品物は、やはり東京をはじめ全国のキモノ愛好家の皆様に認められ人気がございます。

弊店は京都に二店舗のみの小さな小売店舗にすぎません。
ただ先述の通り、ほとんど弊店がこだわりぬいて生み出したオリジナル企画商品で構成しており、全国探しても京都のゑり正にしかない商品が大半を占めております。

私どもの企画作製したお品物を手に入れていただく方法といたしましては、現在のところ京都の店舗にお越しいただくか、ネット通販をご利用いただくか、京都展催事でお求めいただくかの3通りとなっております。

最近、お客様方からゑり正さんのお品物を〇〇近辺でで買えるお店ありませんか・・・?
また呉服屋さんからゑり正さんの商品を取り扱わせていただけませんか・・・?
とお問合せいただく機会が増えてまいりました。
これは非常に有り難いお話ですし興味深いお話しでございます。
和装小物の専門店として永年トンネルを掘り続けある程度成熟してまいりましたので、そろそろそのようなお声にも対応していかなければと考える今日この頃でございます。

この時代、言わば絶滅危惧種的存在と言っても過言ではない和装小物専門店という業種でありながら、不器用ながらもこれからも一歩づつ努力し、皆様に喜んでいただけるお品物を生み出してまいりたいと思う所存でございます。
どうぞこれからもお引き立て賜りますようお願い申し上げます。

ゑり正 九代目 店主