お支払い方法
配送方法
ご利用ガイド
お問い合せ
営業時間
当店の歩み店舗のご案内ウェブ会員様
  • 商品一覧
  • 半襟
  • 帯揚げ
  • 帯締め
  • 長尺帯締め
  • 帯留め
  • 二分紐・三分紐・四分紐
  • 羽織紐
  • 黒留袖
  • 和装肌着
  • 夏物和装肌着
  • 着付道具
  • 帯
  • 手提げ・籠バッグ
  • 夏物足袋
  • 時計紐
  • 紳士用
  • 根付・小物
  • ご奉仕品

営業日カレンダー

休業日カレンダー 7月
7月カレンダー

休業日カレンダー 8月
8月カレンダー

お問合せ

電話番号

お気付きの点がございましたらメールフォームよりお気軽にお問い合わせ下さいませ。

店舗案内はこちら

メール会員登録

ホーム無地半襟 ふくれ織り <さくら>

ホーム > 半襟 > 無地半襟 ふくれ織り < さくら >

商品の写真はお客様のモニタ環境により実物のものと若干異なる場合がございますので予めご了承ください。

素材: 絹100%
日本製
 <ERISHO ORIGINAL>

桜の花を< ふくれ織り > で表現したぽってりとした半襟です。
はんなりとしたお色をお襟元に添えてお出掛けなさいませんか・・・♪

同様にご紹介しております< 唐草 > や < 華菱 >などの< 紋意匠 >の半襟と比較した場合、
柄の凹凸が感じられる< ふくれ織り >の半襟はその陰影を楽しむべき一品と言えましょう。

はんなりとしたお色に染め上がった3色ともに、白色と比べてはじめて色が判別できるくらい淡い色調に仕上がっております。
この淡いお色目の半襟たちは、どの色にいたしましても白半襟を掛けられた場合より、
お襟元がはんなり優しく演出していただけるのが特徴でございます。

こっくりとした深い色目を染めることもさることながら、このような極々淡い色目を染めるのは非常に難しく熟練の技を要します。
世間にはんなりとした淡い色目の半襟があまり出回っていないのにはこのような理由もあるのでしょう・・・
ホームページ上でこの繊細な色合いを伝えるのにはいつも苦労しております・・・(汗)

今回、各々のページで白色との対比画像を添えさせていただきましたので品定めの参考になさってください。

この半襟は、紬や大島、小紋等のカジュアルな装いから
付下げや訪問着、色無地といったフォーマルな装いまで幅広くお使いいただけるのも魅力です。
淡い色彩なので季節に合せて< 重ね襟 >を挟んでコーディネートいただくのも素敵だと思います。

< たかが半襟、されど半襟・・・ >
主役となる貴方のお顔のすぐ隣に位置するのがこの半襟でございます。
貴方の最終的なキモノの着姿を左右する一枚の半襟が備え持つ
奥深い魅力を是非お楽しみいただければ幸いでございます。

京都の和装小物専門店の < ゑり正 > がプロデュースさせていただいた。
< MADE   IN  KYOTO >の確かな品質 = < ほんまもん > でございます。

京都丹後で織られた半襟は程好いコシが感じられる最高級でございます!!

どうぞごゆっくりご覧くださいませ。

お家で手洗いOKです!!

「白」は【白半襟】コーナーでもご紹介しております。

<着用時期>6・7・8月以外の3シーズンOK
※<枝桜>が表現されたお品物はやはり春限定となりましょうが、
このお品物のように桜であっても<お花のみ>が表現されたお品物は3シーズンお使いいただいて問題ございません。

<裏技>
このふくれ織の半襟は、< 裏面 >を使用されても面白い表情をお楽しみいただけます!
各色の詳細ページに裏面のイメージ画像も掲載させていただいておりますが、
表面は桜がふくれ織りでぽってり表現されるのに対して、裏面は桜の柄と柄の間の横畝筋のほうに凹凸があり、桜は照りのある平織り調で表現されています。

生地のことでございますので必ず表裏があり、あくまで裏は裏でございますが
ふくれ織り特有のおもしろい表情が楽しめることもありあえてご提案させていただく次第でございます。

 

<ご参考までに>
< 重ね襟 >のルーツは、暖房器具が現代のように発達していなかった時代に、暖をとるために
もう一枚、もう一枚とキモノを重ね着した際に、襟元が自然に二重三重と重なったことを ヒントとして生まれました小物でございます。

< 飾り襟 > = < 伊達襟 > = < 重ね襟 >
しかるに、春であっても秋であっても、汗ばむ陽気の日にわざわざ< 重ね襟 >を
付けてお出掛けなさるのは、夏場にマフラーを巻くかのごとく本来は可笑しなことなのでございます。
昨今のキモノ販売の場では、キモノに合せて必ず重ね襟が必要であるかのような説明をされる
販売員さんも多いようでございますが、小物屋としてはいつも疑問を感じるところでございます。
ただし、ご結婚式などにご列席される際に、< おめでた事が重なりますように・・・ > という
語呂合わせの意味合いを込めて重ね襟をお使いになられるのは昔からの洒落風習でもあり全く問題ございません。

進物箱=432円
縦26㎝ 横17㎝ 高さ2.5㎝
「お熨斗」または「リボン」は
無料で承っております。

お熨斗・ギフト包装についての詳細はこちらをご覧ください

下記のカラーをクリックするとそれぞれの詳細画面が表示されます。
   
ピンク
(01)
\ 4,500+税
オフホワイト
(07)
\ 4,500+税
グレー
(04)
\ 4,500+税
   
  

\ 4,500+税