お支払い方法
配送方法
ご利用ガイド
お問い合せ
営業時間
スペンサー当店の歩み店舗のご案内メール会員様
  • 商品一覧
  • 半襟
  • 帯揚げ
  • 帯締め
  • 長尺帯締め
  • 帯留め
  • 二分紐・三分紐・四分紐
  • 羽織紐
  • 黒留袖
  • 和装肌着
  • 夏物和装肌着
  • 着付道具
  • 帯
  • 手提げ・籠バッグ
  • 夏物足袋
  • 時計紐・根付紐
  • 紳士用
  • 根付・根付紐
  • ご奉仕品

営業日カレンダー

休業日カレンダー 9月
9月カレンダー

本店・ネットショップ休業日

お問合せ

電話番号

お気付きの点がございましたらメールフォームよりお気軽にお問い合わせ下さいませ。

店舗案内はこちら

代金引換
銀行振込
クレジットカード払い

クレジットカード一覧

お支払い方法はこちら

メール会員登録

リンク集

▼ ゑり正インスタグラム

和装小物 ゑり正 インスタグラム

▼ ゑり正フェイスブック

和装小物 ゑり正 フェイスブック

ホーム伊達締め うろこ七色

和装小物 > 着付道具 > 伊達締め > 伊達締め うろこ七色

商品の写真はお客様のモニタ環境により実物のものと若干異なる場合がございますので予めご了承ください。

素材)絹100%
日本製 <ERISHO ORIGINAL>

巾 約 10cm 長さ 約 225cm

博多織りの伊達締めはその名の通り博多で織られるわけですが、当然のことながら同じ織機で帯も織られれています。
今の時代、伊達締めを織ってくださいとお願いしても、帯の生産で忙しいから・・・とあっけなく断られてしまいます。
伊達締めを織るより何倍も単価の張る帯を織るのは商売的には理解もできますが、
博多のメーカー様が腰を上げてくれなければ、博多織の「伊達締め」そのものが消えてしまうことになってしまいます。
和装小物の専門店である弊店といたしましては危機感を覚え、
私共ゑり正のお客様には、ほんまもんの伊達締めをお探しの方が大勢おられることを
幾度と無く強く訴えかけようやく重い腰を上げていただけた次第でございます。

またご存知のように生糸の価格高騰のため、メーカー様が心配されていたのは、
「たとえ製作しても以前よりも高単価となってしまう。それでも販売できるものなのか?」
という価格面に関してでした。
私共は作製していただく上で「お客様方に丁寧にきちんとご説明していけば必ずご購入いただけます!
博多が動いてくれなければ世の中から伊達締めが消えてしまいます。価格だけの値打ちは充分にあるのですから・・・」

今回の作製にあたって私共はどれだけメーカー様と交渉したか、とことん努力したということを申し添えさせていただきます。

こうして生まれた博多織最高峰の伊達締めは、しっかりとした打ち込みがほどこされ締め心地抜群の優れモノ!!
デザインは<魔除け・厄除け>の意味をもつ鱗紋に上品な七色の細縞が表現されています。
= ダブル効果の<魔除け・厄除け>という意識で一つの<お守り>としてお使いいただけたらと思います。

伊達締めはご自身の着姿を左右する大切な着付け道具の一つでございます。
着付けた後は帯下に隠れ、他人には見えない(見せない)小物ではありますが、
この見えない部分の自己満足こそ本当の意味でのお洒落だと考えております。

キモノ通の方はもちろん、これから着付けを始められる方にもお勧めしたい上質なお道具です。
たかが伊達締め、されど伊達締め。
<お道具は存在こそ地味ですが大事です。頻繁に買い換えるものではありませんので確かな品質のものをお使いください。>

<余談というか愚痴を少々>

モノが溢れるこの時代、「お金さえ払えば何でもすぐに手に入る・・・」「大都市圏だと何でも売っている・・・」
といった意識が大きくなるのも仕方のないことでしょうが、
いくら買いたい手に入れたいと言っても
「無いものは無い、何処かの誰かがリスクを持ってでも創るという行動を起こさない限り・・・」
「一年前はあった(創れた)商品が今年は無い(創れない)・・・」

弊店が商う和装小物というアイテムたちは、悲しいかな往々にしてこのような性質を持っております。
弊店がこのホームページでご紹介させていただいているお品物たちは少なからずそういった

運命を背負っているということをこの機会に少しでもご理解いただければ私たちも創り甲斐がございます・・・。
 
下記のカラーをクリックするとそれぞれの詳細画面が表示されます。
   
深赤
(01)
¥ 7,000+税
ピンク
(02)
¥ 7,000+税
クリーム
(03)
¥ 7,000+税
   
  
ブルー
(04)
¥ 7,000+税