休業日カレンダー 3月

休業日カレンダー 4月

お気付きの点がございましたらメールフォームよりお気軽にお問い合わせ下さいませ。

ホーム単衣半襟 楊柳(きんち)

ホーム > 半襟 > 単衣半襟 楊柳(きんち)

商品の写真はお客様のモニタ環境により実物のものと若干異なる場合がございますので予めご了承ください。

素材: 絹100%
日本製 <ERISHO ORIGINAL>

新緑の美しい5月の声を聞けば<きんち半襟>に掛け替えて軽やかにお出かけを・・・

ここ京都では< きんち >、関東では < 楊柳(ようりゅう) >や< 竹しぼ(たけしぼ) >< 縦しぼ(たてしぼ) >
の名称で親しまれいる< 単衣時期 >にお使いいただく半襟でございます。

この半襟は、すでにお馴染みの弊店謹製の < きんち腰紐 > と同様の織り組織となります。

< きんち >を漢字に置き換えると< 絹地 > や< 絹縮 > と表記されます。
<きぬぢ>からの派生語と言われており、< きぬぢ >がいつしか< きんち >と呼ばれるようになりました・・・。

単衣時期の半襟の存在を耳にしたことはあるけれど実際に目にしたことは無い・・・そんな方も多いかと存じます。

一年のうちで着用出番が 約 1.5ヶ月 と短いこともあり、ちょっぴり贅沢な半襟でございますが、
< きんち> 特有の < 縦シボ > が抜群に涼やかさの演出をしてくれることもあり、全国に大勢のファンがいらっしゃいます。

ご着用いただくご本人はもちろんのことながら、出会われる相手さんにも季節に応じた涼やかさの
お裾分けをしていただくことは四季の移ろいを親しむ日本人ならではの気遣いの文化
でもございます・・・。

京都の和装小物専門店<ゑり正>がプロデュースさせていただいた
<MADE   IN  KYOTO>の確かな品質 = <ほんまもん>でございます。

この時代、<白>以外の極々淡いはんなりとした色目の単衣半襟を製作紹介しているのは
もはや全国でも弊店だけではないでしょうか・・・

<白>を横に並べて初めて判別できるくらいに淡い色彩を襟元に添えることで
女性らしいやさしいお顔写りとなりますし、またこの季節に相応しい装いにも
なってくれるものでございます。

盛夏に使う<絽>や<紗>の半襟は涼やかさの演出に・・・
この<きんち>の半襟は爽やかさの演出に効果抜群です・・・。

大切なお顔のすぐそばに寄り添う半襟は、< たかが半襟、されど半襟・・・ >

もちろん< 白 > が悪いというわけでは決してございませんが、
失礼ながら半襟の白っぽさにお肌のお色が負けて(?)メインのお顔が暗く見えてしまっている方を
見かけるのは半襟屋として残念な気持ちになってしまします・・・

京都丹後産のしっかり目付き(重さ)のあるほんまもんでございます。
希少性の高いお品物ということもあり、他店ではまず手に入らない商品のはずでございます。
5月といえば新緑が一番美しい季節の到来・・・爽やかさをお襟元に添えてお出掛けくださいませ。

※繊細な織りでございますので、お洗濯方法はドライクリーニングをお勧めしております。

【着用時期目安】
< 春単衣 >= 5 月 初旬 ~ 5 月 末
< 秋単衣 >= 9 月 中旬 ~ 9 月 末

※夏の半襟 <絽> や <紗> の着用時期は、6月1日~ 9月初旬までです。お間違えのないように!!

ポリエステル素材のお品物もご用意しております。

単衣用の帯揚げはこちら。


▲ <半襟カレンダー>もご参照くださいませ。

進物箱=432円
縦26㎝ 横17㎝ 高さ2.5㎝
「お熨斗」または「リボン」は
無料で承っております。

お熨斗・ギフト包装についての詳細はこちらをご覧ください

下記のカラーをクリックするとそれぞれの詳細画面が表示されます。
淡いピンク
(01)
\ 4,000+税

オフホワイト
(02)
\ 4,000+税
ただ今、製作中です。
<次回染め上がりは4月中旬の予定>

ミントグリーン
(03)
\ 4,000+税
   
ミントブルー
(04)
\ 4,000+税
ただ今、製作中です。
<次回染め上がりは4月中旬の予定>
シルバーグレー
(05)
\ 4,000+税
淡いラベンダー
(06)
\ 4,000+税
   
煎茶色(せんちゃいろ)
(07)
\ 4,000+税
海松茶(みるちゃ)
(08)
\ 4,000+税
ご好評につき売り切れ
墨黒(すみぐろ)
(09)
\ 4,000+税
   
 

(10)
\ 4,000+税

\ 4,000+税